見出し画像

学芸研究室から(第15回)【大学史】神田学生街のなかの明治大学駿河台キャンパス

明治大学博物館

東京都千代田区神田駿河台1―1。これは駿河台キャンパスの住所です。千代田区には、このような「神田○○」という町名が他にもあります。このような神田を冠する町名は、ほぼ1878(明治11)年に成立した東京15区のひとつである旧神田区域に相当します(一部に神田を冠しない旧区域あり)。この旧神田区は、しばしば「学生街」といわれます。

江戸時代の旧神田区域には武家地と町人地が混在していましたが、明治時代になると旧武家地に、官立・私立の諸学校が相次いで開校しました。まず開成学校(東京大学の源流のひとつ)、学習院(現学習院大学)といった官立学校が設置され、続いて明治法律学校(現明治大学)、英吉利法律学校(現中央大学)、専修学校(現専修大学)、東京法学社(現法政大学)、日本法律学校(現日本大学)などの法学系私学が開校、あるいは他地域から移転してきました。
1877(明治10)年の東京大学設置(本郷区)、1921(大正10)年の法政大学の市ヶ谷キャンパス移転、1978(昭和53)年の中央大学文系学部の多摩キャンパス移転など、旧神田区を離れた学校もありますが、明治大学・専修大学・日本大学は現在でもキャンパスを構えています。

旧神田区は、1892(明治25)年の神田大火、1923(大正12)年の関東大震災、1945(昭和20)年の東京大空襲などにより大きく景観を変えました。もちろん、時代とともに建物の規模や様式も変わっています。写真①は関東大震災直前の駿河台キャンパスです。現在のリバティタワーの場所です。写真➁は1953(昭和28)年の駿河台キャンパスです。他の写真と異なり、南西(神保町方面)から撮られています。写真③は1958(昭和33)年の駿河台キャンパスです。左が旧記念館(1928年竣工、現在のリバティタワーの場所)、右の白い校舎は大学院棟(1954年竣工、おおよそ現在のアカデミーコモン前広場の場所)です。写真④は2004(平成16)年の駿河台キャンパスです。これらの写真を見比べるだけでも、駿河台キャンパスおよび周辺の建物や環境の変化がわかります。

①関東大震災直前の駿河台キャンパス
➁1953(昭和28)年の駿河台キャンパス
③1958(昭和33)年の駿河台キャンパス
④2004(平成16)年の駿河台キャンパス

阿部裕樹(あべ ゆうき/大学史担当)


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
明治大学博物館
明治大学博物館(東京・御茶ノ水)のnoteです。明治大学博物館・明治大学史資料センター・明治大学阿久悠記念館の展示やイベント情報などをお知らせします。JR・東京メトロ御茶ノ水駅、東京メトロ新御茶ノ水駅、都営地下鉄・東京メトロ神保町駅から徒歩5分です。