見出し画像

三省堂書店(神保町本店)【のんびり神田学生街】

明治大学博物館

みなさん、こんにちは!
今日は三省堂書店神保町本店をご紹介します。
(店内の撮影はルール違反のため、文章での説明となります。ご了承ください。)

Googleマップ

リバティタワーから明大通りを下っていき、駿河台下交差点に見える大きなビルが目的地。
話題の本が平置きされ、どの階にもたくさんの本、本、本!
本好きのヒトには本当に天国のような空間ですね。

もし、目的の本を探すのが難しい!と思ったら、検索機もあるのでご安心ください。課題図書を調べた記憶、誕生日プレゼントにここで本を買ってもらった記憶がよみがえってきました……。
好きなジャンルの本がある階を探すもよし、新たなジャンルを開拓するもよし、と本だけでも楽しめます。

が、それだけでは終わりません。
この建物の中には文房具やアート、古書を売っているコーナー、さらには飲食店まであります。
特集コーナーを作っていることもあり、私が行った際には1階で世界のタロットコーナー、4階で最後の古書市というものが開催されていました。
三省堂「書店」と名付けられていても、この大きさと幅広い品揃えは「書店」のイメージでは収まりません!

現在の建物は、残念ながら改修のため、2022年5月から工事が始まる予定です。40年間の歴史が詰まった三省堂書店神保町本店、ぜひ訪れてみてください!


(改装についての詳細はこちらをご覧ください
建替えについて:https://www.books-sanseido.co.jp/news/1530160  
営業日延長について:https://www.books-sanseido.co.jp/news/1677588 )

公式HP:https://www.books-sanseido.co.jp/shop/kanda/ 

学生広報アンバサダー 菅田美弥

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!